大陰唇は女性器を包み込んで、外的刺激から保護しています。小陰唇やクリトリスなどは感覚が鋭敏でデリケートですから、大陰唇がなければ日常生活を送ることも困難でしょう。しかし、大陰唇も顔や体の皮膚と同様に、徐々にやせてハリを失ってくるもの。その結果、さまざまな症状が引き起こされます。

女性器の黒ずみ、臭い…その症状、大陰唇のたるみが原因かも?

若い女性の間で人気が高まっているVIO脱毛。女性器や肛門周辺の陰毛をレーザーを照射して、生えにくくする方法です。見た目がすっきりすること、衛生的であることから、近年では中高年層にも広まってきています。

しかし、陰毛がなくなることで、新たな問題が浮上していることをご存知でしょうか。これまで気がつかなかった、大陰唇のシワや黒ずみ…。また、臭いが気になるという人も少なくありません。

  • 大陰唇の黒ずみ
  • 下着に擦れるような感じがする
  • 小陰唇が飛び出しているように見える
  • 臭いが気になる

これらの症状の原因の一つは、大陰唇のたるみです。VIO脱毛をしていない人も、心当たりがあったら、鏡を使ってセルフチェックしてみてください。

大陰唇がたるんでしまう原因とは?

大陰唇の膨らみは脂肪によるもの。外部からの刺激や衝撃から女性器を守る働きがあります。しかし、加齢によって大陰唇がやせてしまうと、たるんでシワシワになったり、小陰唇が飛び出して見えるようになります。
また、妊娠・出産、急激な体型の変化も、大陰唇のたるみの原因として挙げられますが、どれか一つでなく、複数の原因が重なって起こることがほとんどです。

大陰唇のたるみ、どうすれば改善できる?

大陰唇のたるみを自分で改善しようとするのは難しいでしょう。というのも、大陰唇は筋肉があるわけではないので、トレーニングで引き締めたりハリを取り戻すことはできないからです。また、保湿剤で潤いを補う方法も、あまり効果は期待できません。

大陰唇のたるみ対策は、女性器形成クリニックや美容外科での処置や手術がおすすめです。最も確実で、効果は早く得られるので、悩んでいる人はまず相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

大陰唇縮小術

「大陰唇たるみとり術」とも呼ばれていることからもわかるように、たるんだ大陰唇の一部を切除・縫合したり、余分な脂肪を吸引して適度な膨らみに整える方法です。切除手術であれば、シワや黒ずみといった悩みも解消できます。

大陰唇肥大術

軽度のたるみや大陰唇がやせてしまっていることで小陰唇が目立つようなケースは、反対に大陰唇を肥大させる手術がよいでしょう。太ももなどから採取した自分の脂肪や専用のヒアルロン酸を大陰唇に注入してふっくらさせる方法です。短時間の施術ですみ、傷跡が残らないというメリットがあります。

ウルトラヴェラ

超音波を用いた女性器専用のアンチエイジング治療機器です。表面には傷をつけることなく、皮膚の深部(筋層)にまで超音波を届けることでコラーゲンの再構成を促し、たるみを改善します。膣のゆるみ治療に主に使われていますが、大陰唇の引き締めや尿漏れなど、女性器全般の悩みに効果が期待できます。痛みがなく、1回あたりの施術は30分ほどですみますが、健康保険の適用外なので費用が高額なこと、実施しているクリニックが限られているなどのデメリットがあります。

サーミVa(サーミバー)

高周波RFを照射することでコラーゲンの源である線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの産生を促します。熱や痛みを感じることはありません。1回でも効果が実感できるとされていますが、より確実にするには複数回の照射が必要です。

大陰唇のたるみの悩みは専門医に相談を!

大陰唇のたるみはセルフケアでは無理、と言われるとショックかもしれません。しかし、逆を言えば専門医なら改善が可能ということです。大陰唇を引き締め、ふっくらさせたい人はぜひ女性器形成クリニックや美容外科で相談してみてください。